栗東の名調教師「栗田勝」

競馬予想で重要な栗東の名調教師”栗田勝”

名馬シンザンを三冠に導き、その後の数奇な運命も注目されたのが栗田勝です。栗田勝の生年月日は1932年3月11日で、出身地は愛知県岡崎市です。所属団体はJRAで、当時の関西の名門だった武田文吾厩舎に所属することになります。

1946年、武田文吾に弟子入りをすると、1951年にデビューを果たし、すぐに活躍するようになります。当時の栗東、関西馬は関東に比べると一枚落ちる存在で、ダービーに関してもなかなか勝つことのできないレースでした。そんなダービーを1960年、栗田勝はコダマで制することになります。

コダマ自体は皐月賞を制していましたが、栗田勝はケガから復帰して間もない時期でした。しかも、大腿骨には金属板がまだ入っているという状態でした。当日は7万人が駆けつけるなどの活況を見せ、ダントツの1番人気ながらも直線で楽に先頭に立ち、勝つことができました。

その後に出会ったシンザン、ミスオンワードなどにも騎乗し、騎手として素晴らしい成績を残した栗田勝は騎手を引退し、調教師に転身します。調教師成績としては、調教師として153勝をマークしましたが、酒好きだったこともあり、現役時代から浴びるように飲むなどのことをした影響で、1980年、わずか48歳の若さでこの世を去ってしまいました。

競馬の予想に関して栗田勝は様々な功績を残していますが、その中の1つがペースに関するものです。当時の桜花賞は今よりもペースが速くなりやすく、魔の桜花賞ペースとも言われていました。1600メートルのレースで、前半47秒で通過すれば前の馬は潰れるというものをアナウンサーに伝え、それを実況に取り入れるなど、ペース配分が重要なファクターであることを伝えたのが栗田勝でした。

このサイトは競馬予想をする上で欠かせない存在”騎手”の特徴を掘り下げていきます。競馬予想サイトも数多くありどのサイトがいいのかわからない事が大半だと思います。そこで、多くの競馬予想サイトを比較し検証したさいと「競馬予想サイト比較」を参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です