栗東の名調教師「福永祐一」

競馬予想で重要な栗東の名調教師”福永祐一”

福永祐一は競馬のジョッキーです。彼の所属団体は日本中央競馬会で、生年月日は1976年12月9日、出身地は滋賀県です。

デビュー当初の所属厩舎は栗東の北橋修二厩舎でしたが、2006年の途中からフリーとして活躍しています。リーディングジョッキー争いのトップを競うまでになった彼の騎乗技術を信頼するファンは非常に多く、馬券予想の際には彼の騎乗する馬については無視できないものとなっています。

福永祐一は調教の際にも多くの馬に騎乗し、馬の調子を随時確認しています。特にその週の有力馬になりそうな馬については各厩舎のスタッフとも密に連携をとり、その馬の力を最大限に発揮させる騎乗をします。

従って彼に依頼した厩舎の調教師成績も上昇することが多いです。2015年は10月のスワンステークスでの落馬で終盤を棒に振り、本人もファンも残念な年になってしまいましたが、2016年の2月に復活して以降は、それまでと変わらない巧みな騎乗でファンを沸かせてくれています。

福永祐一はこれまでに多くのG1レースで優勝しています。2010年から2016年の3月末までの間でも7勝をあげています。2010年は阪神ジュベナイルフィリーズを レーヴディソールで勝ちました。2011年も阪神ジュベナイルフィリーズをジョワドヴィーヴルで勝ち、同じレースを連覇しました。

2012年は安田記念をストロングリターンで勝ち、2013年は菊花賞をエピファネイアで、また、秋の天皇賞をジャスタウェイで勝ちました。2014年にはドバイデューティーフリーをジャスタウェイで勝ち、2016年は高松宮記念をビッグアーサーで勝ちました。これからもファンの期待に応える騎乗が期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です