栗東の名調教師「国分恭介」

競馬予想で重要な栗東の名調教師「国分恭介」

国分恭介は、所属団体が日本中央競馬会の騎手です。デビューは2009年で、出身地は茨城県勝田市です。

尚、この場所は現在の茨城県ひたちなか市にあたります。生年月日は1990年12月27日で、身長166センチ、体重は48キロです。

所属はデビュー当時は栗東の五十嵐忠男厩舎でしたが、2011年からはフリーになっています。尚、五十嵐忠男の主な調教師成績としては、G1である2005年の阪神ジュベナイルフィリーズをテイエムプリキュアで制したことなどです。

国分恭介には双子の兄がいて、その兄である国分優作も、栗東所属の騎手として活躍しています。彼が騎手になったきっかけは、身体が小さかったことでお母さんが競馬学校のパンフレットを家に持って帰ってきて、将来の進路のひとつとして勧めたことでした。2006年4月に競馬学校第25期生として兄の優作と共に入学しました。

この競馬学校時代には、3年生の時に藤田伸二騎手の特別講義を受けたこともあります。2009年のデビューの際、調教中に落馬負傷したために同期の中で1人だけ1週間遅れてのデビューとなりました、初騎乗は2009年3月7日の阪神競馬場の第1レースで、騎乗馬はターンオーバーでした。このレースでは11着で勝てず、初勝利は1か月半後の4月25日の京都競馬場の12レースのスリーサンビームでした。

重賞初騎乗は2009年9月6日の小倉2歳ステークスで、この時はダンツミラションに騎乗し、8着でした。また、重賞初勝利は2010年10月17日の府中牝馬ステークスで、この時の騎乗馬はテイエムオーロラでした。この勝利は同期の中で最も早い重賞勝利となりました。従ってファンは馬券予想の際に国分恭介の名前は無視できない存在になっています。また、GI初騎乗は2010年11月14日のエリザベス女王杯で、騎乗馬はテイエムプリキュアでした。着順は17着でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です