良い歯医者とはどこで見極めるべきか

>

専門外に対するアドバイスは如何に

歯医者さんにはそれぞれ専門の分野があるものです。しかし、地域によってはそこにしか歯医者さんがないという環境もあるもの。そのような環境下にあって歯医者さんが専門外の症状に対してどのような処置を行うのか。これも良い歯医者さんを見極めるうえで大切なポイントです。
例えば専門外の症状の際に、自分の技術力が専門外であることを患者さんにしっかり説明する歯医者さんは誠実です。頼りがいがあるといっても良いでしょう。そのうえで症状に対して専門となる歯医者さんに紹介状を書いてくれるのか、それとも専門外だけどもこの歯医者で治療をするのか。どちらにしても患者さんが納得できる施術を選べる環境がある歯医者さんは比較的良い歯医者さんと言えるでしょう。

セカンドオピニオンにも

また治療に際して、歯医者さんが選択した治療を患者さんが良いと感じるか否か。それはとくに難しい治療になればなるほど大きなポイントとなります。どんな治療なのか、他に治療方法は無いのか。こうしたことを患者さんに治療前に説明して、それが理解できない、納得できないという場合にはセカンドオピニオンという手段もあることを説明できる。こうした歯医者さんは、誠実で良い歯医者といえます。
つまり良い歯医者さんとは、歯の治療に対して歯医者さんの主観だけで決断するのではなく、常に患者さんの心情に配慮して、患者さんを不安にさせない。また、治療には様々な手段があると説明できるなど、広い視野をもっているかどうかがポイントになるのです。


専門外でも的確な助言ができる

この記事をシェアする