タグ別アーカイブ: 藤田伸二

栗東の名調教師「藤田伸二」

競馬予想で重要な栗東の名調教師「藤田伸二」

藤田伸二は生年月日1972年2月27日生まれ、出身地は北海道、所属団体日本中央競馬会(JRA)デビュー時の所属厩舎は栗東の境直行厩舎で、長い間一線級の成績を残してきた騎手です。

騎手を引退後は競馬界を離れ、調教師に転身をしなかったため調教師成績はありませんが一流ジョッキーでありながら調教をつけるタイプでコネ社会の競馬界で実力で立ち回ったタイプの騎手でした。
腕で勝負をするタイプの騎手だけに積極的に営業活動をすることはなく、後年は成績を落とし気味になっていましたがそれでも一定の騎乗馬を確保し続けたのは高い調教技術があったからにほかなりません。

藤田伸二の調教によって名馬になることができた馬は数知れず居て、本番だけでなく練習でもしっかり稽古をつけて馬を育て上げていったのです。
破天荒で様々なトラブルを起こした騎手でもありましたが、レースでの騎乗に関してはフェアであることを最優先してラフプレーを好みませんでした。
一見すると騎手として勝負にこだわっていないように見えるかもしれませんが、それでいて2000勝近い勝利を上げたことから技術の高さをうかがい知ることができます。
ラフプレーをしないということは周囲の騎手たちに対して危険な目に合わせないということと同時に、馬への負担もかけないということになります。
このような精神が調教でも現れ、馬に対してしっかりと稽古をつけながら故障をさせずに成長をさせていくことができるため、その技術力に関しては多くの競馬関係者から高く評価をされていました。
最後は誰もが予想をしていなかった突然の引退によって、競馬界を離れてしまいましたがその復帰を願うファンの数も非常に多くいます。